ダイヤル104

「ダイヤル104」終了へ
盲人の需要が多い実情を「能く知らなかった」
晴眼者の傲慢である。