牛肉

北海道大学の半田康医師が「わが国とアメリカの牛肉消費傾向から、エストロゲン高濃度の牛肉摂取とホルモン依存性癌発生増加の関連性が考えられる」との研究成果を発表した。