拒絶反応

 北大と順天堂大のチームが、免疫抑制剤を使わずに拒絶反応を抑える手法を開発しました。生体臓器移植を受ける患者さんが感染症・腎不全の不安や、発癌の可能性から可成りの程度解放されそうです。