読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労賃

  週6日、1日8時間労働が国際的労働基準として確立したのは1919年ILO第1回総会の決定に依ります。
 同年、日本で神戸市の川崎造船所が1日8時間労働を就業規則として導入しましたが、法律に成ったのは昭和22 (1947) 年です。
 世界的には、明治36 (1903) 年にフォードが1日8時間労働と日給5ドル (現在の約7000円) の最低賃金を決めています。
 現在日本の休日は正規で約120日なので労働日数は約240日です。一種のボーダーラインが年収200万円とすれば、日給は約8000円ですね。
 或調査に依ると、民間企業の20代男性の年収は約300万円、20代女性が専業主婦を条件とすれば御亭主の年収は最低376.5万円という数字が有ります。居住地域や各種条件は色々と違うでしょうが「近頃の若い男」は大変ですね。