読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本農業

日本の農業の生産額は世界第何位?先進国では農業大国といわれるフランスなどを抜いてアメリカに次ぐ2位。

自給率を政策目標に掲げる国は無い。政府は自給率向上の名の下に本気で農業などやる気のない兼業農家に湯水のように税金を使い本気で農業をやろうという専業農家(特に大規模経営者)の邪魔さえしている。

農業人口が減少したのは大規模化と生産性向上の賜物である。どの先進国でも農業人口は減っている。

日本の農業の規模は小さいというが、北海道だけに限るならば其耕地面積は一戸当たりで既にEUの平均を上回っており、規模の面でも世界標準で十分に戦えるレベルに在る。

小麦の日本の輸入量は世界市場に出回る小麦のわずか4%に過ぎない。且つ、日本が小麦を大量に輸入する国はアメリカ・カナダ・オーストラリアという友好国でオーストラリアなどは日本のうどん向けに特化した小麦を生産している。何れを考えても日本へ突如の輸出禁止を行うとは考え難い。

日本の農業の隠れた実力・それに対して狂った政治家と農水省が如何にまやかしの数字を使って自分達の票田確保・権力維持・省益拡大の為に国民を愚弄し、引いては真面目な専業農家を弄んでいるか。

そして、政治家や農水省にとっては、兼業農家が弱く成れば成る程、彼らは自分達の既得権益を維持するために政治に頼らざるを得ない。

http://blog.livedoor.jp/clj2010/archives/65678181.html から
amazonのカスタマー・レビューも概ね好意的です。
自民党の有名人も農協を批判してますね。