読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セックス以上

セックス以上 ※女性セブン2011年7月14日号

 日本最高齢の助産師Sさんが、親子の絆についてこんな話をしてくれた。
 * * *
 子宮口が8cm開く迄は本当に痛い。全身の毛穴から煮えたぎったお湯が噴き出る感じです。然し、そこから先はもう痛くなく物凄く楽になって、究極の快感が来ます。恍惚感です。セックスの時より、もっと凄い喜びです。
 これを経験すると、子供が愛おしくなって、又産みたくなる。私のとこには、4人産む人はザラです。経済的に苦しい、そやけどもう一人産みたい。
 私、学校に思春期教育に行ってます。お母さんに“悪魔”と言われてる子が居ました。「あんたの為に、私はあんな苦しい思いをした」と。親子とも不幸ですね。痛いを越えて快感を覚えると、親子の絆が強まるのに。
 病院を批判する訳ではないけど、色んな機械に囲まれ、システムで出産すると、理屈っぽいお産になるのかな。だから絆も生まれない。
 お産で死ぬことは絶対無いから、なんにも心配要らん。然しお産とは、手で上手に取り上げるもんではない。口で産ますんです。話しかけるんです。慰め、慰め、長い陣痛の間を本当に慰めながら、お母さんの心が自然に出産の瞬間を迎えられる様にするんです。
http://www.news-postseven.com/archives/20110630_24467.html

オトコには想像も付かない世界・・・