読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低温火傷

 低温火傷は通常の火傷と違い、さほど高温でなくても起こり、強い症状が出ないため、気がつかないうちに重症化しやすく治りにくいものです。

 ❰特徴❱ 低温火傷とは、比較的低い温度(44℃〜50℃程度)で起こる火傷です。受傷しても皮膚表面が赤くなる程度でそのときには痛みは出ませんが、数日経ってから痛みが発生し酷い場合には皮膚が壊死してしまう事も有ります。

 ❰原因❱ 低温火傷は暖房器具などの熱源に長時間当たる事によって起こります。湯たんぽやカイロなどの通常なら快適に感じるような温度であっても、長時間皮膚に直接当てたままにしておくと低温火傷が起きる事が有ります。

 ❰重症化しやすい理由❱ 通常の火傷の場合は高温に触れることで起こります。もし熱源に当たったとしても「熱い」という感覚によって体の防御反応が働き、直ぐに離れることが可能です。然し、低温火傷の場合は火傷を起こしている事に気がつかない為、原因物質に触れたままとなり、じわじわと火傷が進行して仕舞います。

 長時間低温熱源に当たっている場合、皮膚のダメージは血流の少ない内部の脂肪層の方が大きくなります。其為、火傷に気がついた時には症状が進んでいて、内部から壊死を起こしているケースが多いのです。皮膚表面に症状が出るのは最後になる為、初期対応が出来ず、経過も予測することが無いない場合が多いのです。

 ❰防ぐには❱ 暖房器具などを使う場合は、長時間皮膚に触れた侭にならない様にしましょう。特に、就寝時には熟睡により体を動かさず、暖房器具が体の一か所に当たった侭になり易く、低温火傷を起こす確率が上がります。肌に触れる暖房器具は寝る前に使用し、眠っている間には使わない様にしましょう。

 低温火傷は、寝たきりの人や老人、乳幼児など、自由に体を動かしたり意思を示したり出来ない人に起きることが多いと謂われます。又、糖尿病などの感覚や血行の障害を伴う持病を持っている場合も重症化し易いので、注意しましょう。

http://www.skincare-univ.com/article/012732/ から