読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老け顔の人は短命


 デンマークで行われた70歳以上で同性の双子1,826人を対象に行った研究で“見た目年齢と寿命に関連がある”という結果が出たそうです。撮影を行った2001年春から2008年1月末まで追跡調査を行ったところ、1,826人の双子のうち、37%に当たる675人が死亡したのですが、その多くは「実年齢よりも老けて見えた人」だったのです。且つ、387組の双子のうち、29%に当たる225人が死亡しましたが、2人の間の年齢差が大きく見える双子ほど、老けて見えるほうが先に死亡するという傾向が見られました。
 此研究では、2年毎に階段の昇り降りや握力などの身体機能、話し方や数字の記憶などの認知機能も測定しており、見た目の年齢はそれらとの関連も見られました。

 これについて、川島先生は次のように分析しておられます。
見た目が若いという事は、若く見せるために努力をしているという事でしょう。当然、食生活にも気を遣うでしょうし、睡眠や運動にも気を配り、自己を律する生活を送っているのではないかと思います。

 “若々しく居よう”という意識でいると、日常生活や食習慣などに気を配り、顔やカラダを老けさせない努力をしようと思いますものね。

 「たかが見た目」あるいは「たかが皮膚」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、見た目をケアしよう、日々のスキンケアをしようという意識、意欲は、体全体を若く保つのではないでしょうか。

 そういった意味では、女性の皆さんは美容に意識が高く、年齢より若く見える方が沢山いらっしゃいますよね。見た目のケアをしているという事は、カラダのケアをしている事に繋がりますので、より一層、何時迄も若々しく居る為に、お肌のケアを見た目のケアとカラダのケアの両方を入念にして行きましょう!

http://wooris.jp/archives/132786 から