ビル街の蜜蜂

 養蜂関係者に依ると、ミツバチにとって都心は快適な環境なのだそうだ。農村部に比べ農薬の影響が少なく、公園や街路樹などの緑も豊富。ビル屋上にミツバチの巣箱を置く都市養蜂は年々広がり、福岡市・天神のデパートでも地上55mの屋上で実践中だ。

 …との記事を福岡都市圏版に掲載した所、読んだ知人の息子曰く「でも、そんな高さまで蜜を運ぶハチは大変なんじゃないの」。そうかも知れない。そもそも都心が「快適」というのも、農村部を住み難い環境にした人間の勝手な解釈だろう。

 養蜂の歴史は古く、1万年前のものとされるスペインの洞窟壁画に採蜜の様子が描かれている。天神のデパートで巣箱を管理する女性社員は虫が苦手だったが、今は近くの公園でミツバチを見掛けると「ウチの子かも」と愛しく成るそうだ。ビル街を飛び回るミツバチの羽音が、人と自然との関係を考える切っ掛けになれば良い。 (山本敦文)
=2017/07/24付 西日本新聞朝刊=
http://news.livedoor.com/article/detail/13377113/

 日本橋三越本店新館屋上に「日本橋みつばち倶楽部」
 東京都中央区銀座3丁目の銀座紙パルプ会館屋上では2006年3月から養蜂開始。
 25日、宇都宮市本町の県本町合同ビル屋上に巣箱設置。
 2010年5月にサッポロ・ミツバチ・プロジェクト実行委員会が活動開始。
 2006年からスタートした「銀座ミツバチプロジェクト」。銀座のビル屋上3箇所に養蜂所を持ち、年合計で約1トンのハチミツを収穫。・・・・・

 

主な人獣共通感染症

    細菌性
        炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ症 ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等

    ウイルス性
        インフルエンザ ― SARS狂犬病 ― ウエストナイル熱 ― エボラ出血熱 ― マールブルグ熱 ― Bウイルス感染症ニューカッスル病 ― 日本脳炎 ― ダニ脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等

    リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性
        Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等

    クラミジア
        オウム病 ―等

    原虫性
        睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア症 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等

    寄生虫
        エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等

    真菌性
        クリプトコッカス症 ― カンジダ症 ― アスペルギルス症 ― 皮膚真菌症 ― 等

    プリオン
        変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 (Wikipedia)


2017年7月24日 17時42分 産経新聞

 厚労省は24日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。フタトゲチマダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群SFTS)」で「哺乳類を介して人が死亡した事が判明したのは世界で初めて」という。
 国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫に咬まれた。女性に重大な持病などは無く、約10日後に死亡した。半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。
 SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。
 
 Wikipediaの「ウイルス性人獣共通感染症」に項目追加の必要性が有るかな。
今の所、日本と中国以外の報告は無い模様。
(Wikipedia重症熱性血小板減少症候群」)

 

香害

 昔、子供が外出先で金木犀の香りに気付き「トイレの匂い」。
 電車の中で、中年以上の女性に多い「化粧品のキツい匂い」。等々

 柑橘系、フローラル系、ハッカ系、香辛料系、男の汗系の匂いを猫は嫌います。
http://11cats.com/feeling/hate-smell/

 カナダのハリファックスでは2000年に所謂香水禁止条例が制定されており、学校、図書館、裁判所の他、職場や劇場、店舗など、公共の建物全てに於いて、香水の使用が禁止されている。 (Wikipedia)

 日本消費者連盟は今月26日と8月1日に「香害110番」を開設し、電話相談を受け付けます。開設時間は両日とも午前11時~午後3時、03・5291・2166。

 

文明の歴史

 電気文明の嚆矢はボルタであり、アスピリン本草学以外の可能性を示し、ワットが馬・水車・風車とは桁違いの自由動力を提供しました。もっと溯れば現代チンパンジーも行う道具の発明に行き着きます。古い石器は残ってますが、木などを道具に加工して使った遺物が発見されれば、50世紀を超える古代文明も知られましょう。
 キツツキフィンチは小枝を使って木の穴から虫を取り出しますし、エジプトハゲワシは石を使ってダチョウの卵を割るし、カラスの中には車道に胡桃を置いて車に轢かせるの迄居るそうです。

 色んな宗教で、昔に還れとの主張が有ります。
 平均寿命推定30歳以下の昔に還るのと、80歳を超える現在とどちらが良いのでしょう。
 4000年前の粘土板には「今頃の若い者は云々」と書かれているそうで・・・

 

不正論文

独医学誌で中国の不正論文107本! 過去最多の取り下げに
2017年5月26日 19時46分
J-CASTニュース

 2017年4月20日(現地時間)、医学・科学分野の論文誌を出版する独シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディアはかつて同社が発行していたがん・腫瘍分野の学術誌「Tumor Biology」に掲載されていた中国の病院や研究機関からの論文107件に不正があったとし、取り下げを発表した。
 「2012年から2017年までに主に中国の研究者によって執筆された論文107件で、査読プロセスが損なわれたと確信させる証拠があがってきた」という。
シュプリンガーが調査したところ査読者は実在する研究者だったが論文に記載された連絡先は出鱈目で、確認をしたところ該当する論文を査読したことはないと答えたという。
   「こうした査読不正で論文が取り下げられる例は日本でも欧米でも聞きますが、107件も一挙取り下げは驚きます。数年前からこれだけの規模で不正が行われていたということは、中国の研究者たちの間では常態化しているのではないかと疑念を抱いてしまいますね」「科学分野では根拠として論文や研究が重要ですが、その内容を歪める手法は多数あります。論文を判断できる知識がないまま『論文があるから信用できる』といった考え方をするのは危険です」
http://news.livedoor.com/article/detail/13117903/

 

リカちゃん

 着せ替え人形「リカちゃん」誕生50周年を祝うパーティーが5月2日、大阪市内のホテルで開かれ、全国から約400人のファンが集まった。メーカーのタカラトミーの主催で、平成4年発売の限定版を買った人だけに招待状が送られた。

 リカちゃんは昭和42年7月に発売され、時代に合わせてモデルチェンジしてきた。会場では歴代の約40体や最新の商品を展示。リカちゃんファミリーに関するクイズや、担当者による開発秘話などで盛り上がった。

 ファン同士の話題はリカちゃんと過ごした子供時代。三重県桑名市の会社員、水谷芙美さん(30)は「リカちゃんは理想の女の子像なのだと改めて感じました」と話していた。

メルちゃんは今年で25歳。
バービーの誕生は1959年3月9日。来日は1962年。
ハローキティの誕生は1975年3月。今や日本発の「可愛い」が世界を席巻しています。
ジェニーの誕生は1986年。

 

海嫌い

 レジャーが多様化したこととジョギングやマラソンを楽しむ人が増えていることも関係しているのか、当今の海水浴客は盛時の1/4だとか。

 10代の海嫌い、プール嫌いはここ数年の傾向で、その割合は他の年代の2~6倍以上で、何とか理由を付けて水泳の授業をサボる。理由のトップ3は

「日焼け」
 昭和41年に資生堂が打ち出したサマー化粧品キャンペーン「太陽に愛されよう」がヒットするなど小麦色の肌は、夏の肌色として市民権を得た。化粧品の広告「どんなに日焼けしたって平気。お肌がしっとりするオイルとパックが待っていますから。ちっとも日焼けしなくたって平気。きれいな小麦色になれるファンデーションが待っていますから」と、日焼け派はサンオイルで小麦色に、日焼けしたくない人までもブラウン系のファンデーションで小麦色になろうという時代だった。

「水着になるのが嫌だから/体型が気になる」
 傍目にはどうって事無いのに、自分では「太め」な裸体を曝すのが嫌というのが乙女心らしい。

「泳げないから」。
 人目に付かず秘密に水泳が上達する方法が無いかしら、残念ながら、有りません。