凄い男の子

 小学校同期に凄い男の子が居た。
 陽がカンカンと照る夏の或日、広場に白いむく毛の縫いぐるみの様な仔犬が紛れ込んできた。
 男の子は其れを両手で掴み空に放り投げた。
 地面に落ちてキャンと鳴く、又投げる、又鳴く。
 何回か繰り返すと段々声が小さくなり遂に鳴かなくなった。
 男の子は死んだ仔犬を林の中に持って行き、ガラス片か何かで片方の目玉を傷付けずに器用に抉り出し、瞳を林の向こうの明るい方に向けて後ろの方を私に見せた。作業中に大して血を見なかったのが何故か判らない。死体からは余り出血しないのだろうか。
 薄桃色の眼球後方表面に向かいの景色が逆さに綺麗に映って居た。
 小学2年生にして目玉とカメラの原理が同じ事を知って居たのだ。
 其子は又或日、余所で飼っている雛の頚を引っこ抜いて歩き、雛の体が痙攣するのを見て楽しんで居た。
 此子が其後如何育ったかは知らない。

 幼児には、教えなければ残忍と言う観念は無い。依って人間は性悪説が正鵠を射て居り、其故に残酷な所行は悪との教育が必要なのだ。テリトリー外に逃げた敵を尚追跡して殺す習性は人間以外の動物には無い。ヒトは此習性が同族に及ぶのを回避する為に道徳を発明したが、同族の為にはテリトリー外の敵を殺す事が手柄だと言う矛盾した哲学を容認するしか方法が無かったので古今東西の教祖や哲学者が悩むのである。

色覚検査

2017/12/09、ウチの奥さんが見ているTVを何気なく聞いてたら、色覚異常に関する内容で侃々諤々やっていた。
大昔は「色盲検査」と称していたが、何時の頃からか「色覚検査」と呼び方が変わったらしい。2004年に小学4年生での検査が「義務」から「任意」に成った事で弊害が出ているという。
此問題については2013年に⬇︎の様な記事が出ている。

2013.9.30 08:16更新

小4での色覚検査、中止から10年 異常知らず進路選択、トラブルも
 小学校で義務付けられていた色覚検査が廃止されて10年。色覚異常の子供の約半数が異常に気づかないまま進学・就職に臨み、中には直前で進路を断念せざるを得ないケースもあることが、日本眼科医会の調査で明らかになった。保護者の同意があれば今も色覚検査はできるが、希望調査すら実施しない学校がほとんどという。同会は「希望者が学校で検査できるようにしてほしい」と訴えている。(平沢裕子)       
 ◆「差別」と撤廃
 色覚異常は主に染色体の劣性遺伝により、男性で20人に1人、女性で500人に1人の割合で現れる。色が見分けにくく、赤と緑、赤と黒、ピンクと灰色などの識別に困難を生じる。6割以上は軽い症状とはいえ、有効な治療法がなく、近視や遠視のように眼鏡での矯正もできない。
 かつて、小学4年生を対象に学校で色覚検査が行われていた。しかし、「色覚検査をすることは差別につながる」などの声が挙がり、平成14年に学校保健法を改正、検査の施行義務がなくなった。任意で検査を行う場合は保護者の同意が必要とされ、15年度以降、ほとんどの学校で検査が実施されなくなった。
 同会の宮浦徹理事は「検査義務がなくなったことを『検査はやってはいけない』と思った先生もいたようだ。検査が実施されなくなったことで教職員の色覚異常への関心が薄れたように感じる。15年以降に先生になった人では色覚異常について正しい知識を持たない人も少なからずいる」と指摘する。
 ◆進学・就職の受診で
 同会は22~23年度、全国の眼科診療所の協力を得て、色覚異常のある941人を対象に聞き取り調査を実施。学校での色覚検査が中止された以降に小学4年生になった中高生の45%が眼科受診時まで自身の異常に気づいていなかった。
 高校生では約7割が進学・就職のための受診だった。「異常を感じたことがなく、高校入学後に検査で異常が分かった。もっと早く分かっていたら進路を決めるときに違っていただろう」(工業高・電子機械科の17歳男性)、「海上の仕事に就きたいが、受験資格に色覚があった。人と見え方が違うことはうすうす気づいてはいた。就職・進学に支障があるとしたらショック」(17歳男性)など、進路がほぼ固まった後に異常を指摘され、とまどうケースも報告されている。
 また、「色の間違いをして先生に『ふざけてはだめ』と注意された」「地図の色で判断する問題が誤答だった」「黒板の赤のチョークが見にくい」など、学校現場で色覚異常の子供への対応が十分なされていない様子もうかがえた。
 同会は、学校での色覚に関するトラブルを避け、進路に対応するためにも希望者には小学校低学年と中学1、2年で検査を実施するのが望ましい、との見解をまとめた。10月にも文部科学省に申し入れる。
 宮浦理事は「自らの異常に気づかないまま、現在、大学生になっている人も少なくない。就職や実際の就業の現場でトラブルとなることも予想されるだけに、検査を受けることを勧めたい」と話している。
 ■操縦士など職業、資格で制限も
 色覚異常があっても日常生活では支障がない人がほとんどだが、安全上の理由などで「色覚が正常であること」を求められる職業がある。飛行機や船舶の操縦士▽鉄道の運転士▽消防士▽フグ調理師-などだ。
 就職時に制限がない場合でも、染み抜き作業時、シミの色が区別できない(クリーニング店)▽刺し身の鮮度が分かりにくい(飲食店)▽入所者の顔色が判別しにくい(福祉施設)-など就職してから困惑するケースも見受けられる。
 子供の色覚異常に気づかない保護者も多い。お絵描きで顔を緑色に塗る▽犬やハンバーグを緑という▽焼き肉で焼けているか聞いてから食べる▽黒板の赤いチョークを読み飛ばす-などは色覚異常の可能性があり、眼科での検査が勧められる。

 

女性宮司

女性宮司
2017年12月8日 13時37分 デイリー新潮
少子化の影響で2040年には「神社本庁」傘下の神社でも41%もの社が消滅するという。
 日本には、大は伊勢神宮から横丁の“お稲荷様”のような小さな祠まで含めると神社が20万近くあると言われている。

神社本庁の下には都道府県ごとの神社を管轄する「神社庁」が置かれ、設立から70年近く経った今では、傘下神社(被包括神社)の宮司の人事権まで握るほどの力を持っている。
 神社本庁の規則でも神職(註・巫女のことではない)に性別はなく、最近では「女子神職会」という親睦団体もある。実際、その地域で最も格の高い「一の宮」と言われる神社に、女性宮司が就任しているケースもあるのだが、
「それでも、大きな神社や社格の高い神社では、代々宮司を務めてきた家系でも女性宮司の就任が認められないケースが後を絶たないのです」
 大分県宇佐市にある「宇佐神宮」は、約4万600社ある「八幡宮」の“総本宮”である。。
 その宇佐神宮で後継問題が浮上したのは08年のこと。当時、責任役員会が病気療養中の宮司の後任として到津家の長女で権宮司だった到津克子(いとうづよしこ)氏を選任し、それを神社本庁に具申する。だが、いくら待っても返答がなかった。
 当時の責任役員の一人だった賀来昌義氏(医師)が言う。
「この年、先代の宮司が亡くなるのですが、大分県の教育委員長(現・責任役員)が私の自宅を訪れて“宮内庁掌典長を後継者にしたい。だから承認してもらいたい”と迫ってきたのです。これに対して私は“官僚の天下りは認めない”ときっぱり拒否した。すると先方は“神社本庁宇佐神宮のような大神社の宮司に女性を任命することはあり得ない”と言い出したのです」
克子氏は神社本庁を相手取り地位確認を求めて提訴するが13年、〈審議するべき案件ではない〉と最高裁はこれを退けてしまう。
 また、別の神社関係者によると、後継者を巡って神社本庁が介入するのは、勅祭社のほか、「別表(べっぴょう)神社」と呼ばれる神社も多いという。
別表神社とは、神社本庁が特別規定で選んだ有力神社のことで本庁が人事に直接介入できます。勅祭社と同様、資産が多く、宮司の年収も高い。一般企業に例えると一部上場企業みたいなもので、神社本庁にとって絶対に手放したくない“天下り先”なのです」
 神社業界の専門紙「神社新報」(09年3月9日付)=神社本庁系=によると、神職の兼職率は、宮司が42・5%、その後継者になると68・3%にも上っている。祭祀だけでは暮らしてゆけず、他の仕事で生活を支えている「兼業宮司」が増えているのだ。
 神社のなかには、敷地を使ってマンションや老人ホーム、駐車場、冠婚葬祭の式場などの事業にも進出しているところも多い。最近では神社のネット化も進み、お札や受験グッズ、御朱印などもネットで買える神社がある。ところが、神社本庁はこうした独自の活動を良しとせず、最近では〈信仰の尊厳を損ないかねない〉として、自粛を通達している。
 ところが、神社本庁の締め付けに猛然と反旗を翻すところも出てきている。たとえば、石川県の「気多大社」のケースだ。
 ここは能登の「一の宮」という高い社格を持つ神社だが、06年に宮司の人事をめぐって、神社本庁と対立し、法廷闘争の末に本庁からの離脱を勝ち取っている。現在は、神社本庁とは関係のない「単立神社」として、女性誌に広告を出し、恋愛祈願を電子メールで受け付けるなど「縁結びの神社」を積極的にアピールしている。その結果、全国から若い男女の参拝者が増えている。
神社本庁が一番恐れているのが、こうした宮司たちの造反なのです。傘下の神社から追随する者が出てこないように、何かあれば宮司の任命権を駆使して意のままにしようとする」。
「神社と神職を守ることができなくなった組織」と見られたとき、神社本庁は今のままでいられるだろうか。


入江吉正(いりえ・よしまさ)
月刊誌、週刊誌記者を経てフリージャーナリスト。著書に『ある日、わが子がモンスターになっていた』(KKベストブック)、『中途半端なブスはグレない』(小学館eBOOKs)など。
週刊新潮」2016年9月15日号 掲載

ビワの種


「ビワの種の粉末食べるな」農水省が警告 食品回収続出もネットに残るレシピ
2017年12月8日 14時31分 J-CASTニュース


「ビワなどの未熟な果実や種子(たね)には、天然の有害物質が含まれています」。農林水産省が2017年12月6日、ウェブサイトでこう注意喚起した。「ビワの種ががんに効く」という根拠のないうわさが出回り、種を粉末にした食品が出ている。


青酸を含むシアン化合物を大量摂取の恐れ


農水省によると、ビワのほかアンズやウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)といったバラ科植物の未熟な果実や種には、「アミグダリン」「プルナシン」という青酸を含む有害物質が多く含まれる。これら物質は総称して「シアン化合物」と呼ばれる。熟した果実には、わずかしか含まれないので心配はない。


ところが、アミグダリンが「ビタミンの一種」「ビタミンB17」と称した例や、「がんに効果がある」とうたう情報が、書籍やネット上で見られると指摘する。実際はアミグダリンをビタミンとする説は既に否定されており、その有効性に関する十分な科学的根拠はない。むしろ健康被害が懸念され、海外ではアミグダリンを含むアンズの種を大量に食べた末に死亡した例が報告されている。


「ビタミン説」「がんが治る」根拠なし


農水省は、レシピサイトに掲載されているビワの種を使った料理にも警鐘を鳴らしている。大手サイト「クックパッド」には、注意喚起が出た12月6日時点ではまだ、種を酒や酢に漬けこんだレシピにはビワの種について「栄養豊富で薬効もあるようです」「血液サラサラ、免疫力高める成分が含まれているらしい」「ビタミン17が含まれている」との記述がそのままになっている。


別のレシピサイトや個人ブログには今も、「ビワの種の杏仁豆腐」のレシピが残っているところがある。種を乾燥させて皮をむき、刻んだりおろしたりして使うというのだ。ビワの種の粉末を取り扱い続けているインターネット通販業者もある。あるまとめサイトはビワの種の「抗がん作用」をうたい、末期がんと診断された犬にビワの種の粉末を与えたら数週間でがんが治ったという「エピソード」まで披露していた。


国立健康・栄養研究所のサイトによると、過去にアミグダリンをビタミンB17と呼び、ビタミンとする主張があったが、現在では否定されており、「ビタミン17と呼ぶことは適切ではありません」と断定している。


海外では、がん患者がアミグダリン3グラムを摂取した後に深いこん睡やけいれんを起こし、その後死亡した事例がある。

扁平足


 日本人の7割は扁平足、約2割は甲高で、正常な足の人は1割といわれている。

 日本で初めて足専門クリニックが出来たのは2013年の事。東京・表参道にある『足の診療所』だ。院長の桑原靖さんは「日本の足医療は、欧米に100年遅れと謂われる」。

 「欧米では足病の専門クリニックが有りますから、足に異変を感じたらすぐに対処する習慣が有ります。でも日本にはそういったクリニックがなかなか無いのが現状。そもそも女性患者の大半が『足が痛いのは当たり前』『足が痛くても我慢すればいい』と思っていて、中には『タコや魚の目、靴擦れなんて、誰にでも出来るもの』と思い込んでいる人もいる程です。更に、長期間糖尿病を放置していると合併症によって足に痛みを感じなくなり、その結果、ちょっとした靴擦れに気づかないまま、傷口から細菌に感染し、最悪の場合、足の切断になるケースも有ります」

 足疾患症状の原因はどれも、足裏にある3本の足アーチが崩れた事によるものだ。

 「生まれた時はみんなアーチがなく扁平足。歩き始め、靴を履くようになって、アーチが形成されていき、9歳頃までにその人の足の形が決まります。子供の頃に運動量が足りなかったり、足に合わない靴を履き続けていたりすると、アーチが形成されず扁平足になります。それで、外反母趾になったり、巻き爪になったり、足の裏が痛くなったり、指先が変形したりと、何かしら足にトラブルが出てしまう。逆にこのアーチが上がりすぎてしまっている人が甲高で、生まれつきが多く、やはり足の痛みや変形の原因となります」(桑原さん)

 扁平足と同様に、足のアーチが減ったことが原因の「モートン病」が、中高年女性に急増している。『足と靴の外来』を設けているお茶の水整形外科の院長・銅冶英雄さんが説明する。「モートン病患者の90%が女性だといわれています。これは足裏の横アーチが低くなり、足幅が広くなった状態の開張足による前足部の痛みが長く続くと、足の指の神経が刺激されて、痛みやしびれが出て来る事。人によっては脳天まで響くような痛みがあると訴える場合もありますし、扁平足と同じように、足のアーチが無くなった事で体のバランスが悪くなるので膝痛や腰痛、肩凝りなど、様々な不調の原因となります」
http://news.livedoor.com/article/detail/13133264/

 

イスラエルの水


https://jp.globalvoices.org/2016/09/21/42738/
水の乏しい国だったイスラエル、今や水の豊かな国となる
翻訳掲載 2016/09/21 14:02 GMT から抄録

わずか数年前までは、イスラエルは少なくとも900年つづく最悪の干ばつにあえぎ、水不足に悩まされていた。それが今や必要以上の水を手に入れた。この目を見張る方向転換は、イスラエルの乏しい水資源を保全し再利用するという国家戦略によって成され、海水淡水化プラントの新たな波が最大の効果をもたらしたと言えるだろう。
イスラエルは、現在国内の水の55%を海水淡水化により得ている。つまり、世界でもっとも水の乏しい国のひとつが、ありえないような水の国になったのだ。
2008年、10年にわたる干ばつが肥沃三日月地帯を枯らし、イスラエルの最大の淡水の源であるガリラヤ湖は、そこまで到達すると、塩分の浸透で永久に湖がだめになるというブラック・ラインにあと数インチというところまで水量が落ち込んだ。取水制限が課され、多くの農業従事者は一年の収穫を失った。
同じような話が中東のどの地でも聞かれる。そこでは、干ばつと農業の崩壊が、将来の展望もなく、爆発しそうな恨みを抱えた失われた世代を生んできた。イラン、イラク、ヨルダンもすべて、水による大惨事に直面している。水がこの地帯全体を絶望的な行動へと駆り立てていると言える。
イスラエルだけが例外だ。驚くべきことに、イスラエルは必要以上の水を手に入れている。その変換点は2007年に始まった。その年、節水型のトイレや節水型シャワーヘッドが国全体に配備され、国営水道局は革新的な水処理システムを構築した。そのシステムでは、排水から86%を再利用しそれを灌漑に使うというものだ。19%をリサイクルする世界第2位のスペインを大きく引き離した効果的な下水利用と言える。
今ソレクで1億5000万立方メートル(1億9600万立方ヤード)の水を供給する。すべて合わせると、海水淡水化により、年間でおよそ6億立法メートル(7億8500万立方ヤード)あるいはそれ以上の水が供給できるのである。
ソレクの内部では、それぞれ高さ4フィート、幅16インチの直立した白いシリンダーの中に封入された5万枚の薄膜がジェットエンジンのような音を立てている。これらすべては、打ち上げ直前の宇宙船の興奮を感じさせる。シリンダーは中央のパイプのまわりを包んだプラスチックの薄膜の層でできていて、その薄膜に広がる小孔は人間の毛髪の直径100分の1よりさらに小さいものだ。海水は70気圧でシリンダー内に圧入され、膜を透過する。一方、シリンダー内に残った塩水は海に戻される。
海水淡水化はこれまで、コストのかかるエネルギー消費の激しい技術とみなされてきたが、ソレクで採用されている進んだ技術は、画期的なものだ。海水淡水化により生み出される水は、1990年代のコストの3分の1になった。ソレクは飲料水1000リットルを58セントで生産することが可能だ。イスラエルの家庭では、水に1ヵ月30USドルを支払う。これはたいていのアメリカの都市の家庭と同じくらいの額で、ラスベガス(47USドル)ロサンゼルス(58USドル)よりかなり安い。
国際海水淡水化協会は次のように発表している。3億人の人々が、海水淡水化により水を得ており、その数は急激に上昇するだろう。アシュケロン、へデラ、ソレクの施設を建設したイスラエルの企業IDEは、南カリフォルニアのカールスバッドにこのほどイスラエルのプラントと似通った海水淡水化プラントを完成させた。操業するプラントはさらに増えるだろう。6つの追加されたソルクのプラントと同等の施設が、世界中に毎年操業される予定だ。海水淡水化の時代が来たのだ。
ソレク・プラントの端で、バージーブと私も同じように蛇口を分けあう。ソレクの水がメインラインから分岐して、イスラエルの水道に入るように操作するのは単純なコックだ。わきにペーパーカップのディスペンサーが備えてある。私は栓を開け、続けざまに水を飲んだ。40分前まで地中海の海水だったものだ。それは冷たく澄んでいて、不思議なものであった。
ここから数マイルのところで、水は消え、文明は粉々になっている。だがここでは、生き生きとした文明が無から水を作り出している。このかけ離れたことが、同時に現実として起きているのだ。バージーブと私が沢山水を飲んだように、気候は焼けるようだ。これらの物語の何が例外で、何が真実なのだろうと思いを巡らせている。
ローワン・ジェイコブセンは、ジェームズ・ビアード財団賞を受賞したライターでFruitless Fall(訳注:邦訳『ハチはなぜ大量死したのか』), The Living Shore, Shadows on the Gulf などの本を執筆している。また、アウトサイド、ハーパーズ、マザー・ジョーンズ、オリオン他の雑誌に寄稿している。彼の著作はBest American Science and Nature Writing他のアンソロジー(選集)に掲載されている。その最新作Apples of Uncommon Characterは2014年9月に出版。ツイッターアカウントは@rowanjacobsen。
校正:Masato Kaneko