火山

 気象庁が常時観測する47火山周辺の延べ132市町村を対象とした読売新聞の調査で、噴火に備えた避難計画があるのは、4割に満たない48市町村にとどまることがわかった。