死刑

裁判員が参加した判決で二つの死刑が執行されました。

死刑反対の理由は大きく三つでしょう。

権力に依る殺人の「合法性」、冤罪の可能性が有る場合、被害者周辺の抜き難い復讐の念でしょうね。

「本職」の裁判官には云われなく、裁判員には云われる「精神的ケア」。何か矛盾を感じるのは私が無知の所為でしょう。