読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫雲丸


 1955 (昭和30) 年5月11日、事故が続き「死運丸」の綽名がついた宇高連絡船の紫雲丸が5回目の事故として貨車運航船の「第三宇高丸」と衝突し沈没、児童生徒100人を含む168人が亡くなりました。此事故を契機に、本州・四国連絡橋の建設機運が高まり、1975年、漸く最初の橋・大三島橋が着工の運びとなりました。
 1999 (平成11) 年5月1日、尾道今治ルート(瀬戸内しまなみ海道・自動車専用道路・59.4km) が全面開通しました。

f:id:milningle:20160603051310j:plain